日本キリスト改革長老武庫之荘教会の歴史




 
武庫之荘教会は北米改革長老教会よりの宣教師、ジーン・スピ

ア宣教師が1978年に現在の教会の所在地、武庫之荘本町に始め

られました。キリストを愛し、教会を愛し、教会に集まる人を

愛したスピア宣教師ご夫妻により教会はキリストの愛に満ちた

教会の歩みを重ねています。聖書の教えに従って誠実に生きる

ということは、とりわけ、現代の基準無き日本の社会の乱れを

見るにつけ大切なものと思わされます。また、「愛」の真の意

味が考えられないままで、自己中心的な「愛」の言葉が氾濫す

る世にあっては、「聖書の愛」が語られ、実践されることが重

要です。武庫之荘教会は2001年6月に46年に及ぶ日本での働き

を終えて帰国されたスピア宣教師ご夫妻の証された、この聖書

の愛とその実践を重んじています。現在、武庫之荘教会は、後

任の金森宏之を牧師とし、地域にキリストの恵みを広めようと

勤めております。                    



<ホームへ>